社会保険労務士事務所がすること

Pocket

年金手帳障害年金申請は自力で行なうことは不可能なものではありません。しかし、公的年金制度の仕組みそのものが複雑で理解できない、障害年金申請に揃えなければいけない書類がいろいろとあり過ぎて、正しい作成方法がわからない、次に何を行なう必要があるのかがわからないといった壁にぶつかり、自分での申請ができないケースが多いです。また、体の調子が良くない中で、繰り返し年金事務所や医療機関、役所に足を運ぶことを余儀なくされて、障害年金申請を途中で諦めてしまう人もいます。早く手続きを終えなかったり途中で放り出してしまったりすると、受給がはじまるタイミングが遅くなったり、受給できたはずの年金が受給できなかったりする原因になるのです。

社会保険労務士事務所による障害年金申請サポートを利用することにより、費用はかかりますが、受給する本人だけでなくその家族まで含めた負担を少なくし、円滑に手続きを進行できるように、力を貸してくれるのです。費用はかかるといいましたが、中には受給後に支払えばいいシステムを採用していて、着手金はなし、受給にいたらなかった場合の報酬が請求されない料金システムになっているところもありますし、無料相談や出張相談に応じてくれる社会保険労務士事務所もあります。当サイトでは別のページに障害年金申請の流れやどういう人が社会保険労務士事務所の障害年金申請サポートの利用に向いているのかまとめていますので、興味のある方はチェックしてみてください。